今年も最後の月を迎える、安岡氏の平成、後は何が来る-

 In 頑固親父ブログ

もう一枚カレンダーをめくると今年最後の月となってしまうが

来年は平成が最後となって平成最期の年末となるわけだが、

なんか日本って変わったね。

正月は元旦から初売りとなってさいしょは「意地」で元旦営業をやってたジャスコやカテゴリーキラー、 今じゃ当たり前となってしまった。

正月くらいゆっくりしたらって、できない。兎に角ゆっくりじっくり出来ない。

能力もないのに兎に角早く早くですね。

今回の国会の審議を見ていても、外国人の労働力頼りは今に始まったわけでもないが、

東北震災や九州の地震、西日本の災害など数限りない災害に対してオリンピックなんかやるっていいだすわ、今度は万博。

そこへもってきて、この仕事はいやだとか言う若者や子供がどんどん減っていく中、足りないのはトウに分かっていた。人手不足が今討論されてること事態にとろくさいというか、

こういうことだから、忙しくなる。

そもそも、政治化には哲学がいるわけだが、何にも哲学を感じない。ただの老人がぼけたことを言っているぐらいのもんだね。

こういうことだから忙しい。要するにその場しのぎなんだ。

。今の政治家は企業化が多く、企業家というのは夢を追っかけているものたちだから、そもそも政治の仕事は出来ない。

こういうことだから忙しい。

日本はもっと犯罪が少なく、お金があってもなくても豊かに親が子供を育み守って育ててきた。回りに迷惑をかけないように口癖のように母親に言われ

好き嫌いをしないように食べなさい仕事はいやなことを進んでして皆さんの役に立つようにと母親やばあちゃんから教わってきた、これが「道」でしたね。

今、テレビで見る報道の醜さは子供達にどんな影響を与えてるか計り知れない。親子の殺傷事件の多いこと殺害して息するときのひどいこと。こんなものを見て子は育っている。

かの徳川家康は日光東照宮に申の彫り物を残してる。

「みざる、きかざる、いわざる」三ザルですね。子供の成長には悪いことをみせると悪影響を与えるということでその教えを彫ってるわけっでこと。

「この番組は青少年に悪影響を与える場面がございますので父兄の皆さんはご注意ください」ってなテロップが流れる番組があるが日常のニュースや国会中継の嘘八百のほうが

よっぽど悪影響を与えてるんじゃねーかってことが気がつかない報道関係者。

日本は変わったね。これから外国人の文化の違いも会って対立やら不平等の対立やら親子や金に絡む事件の凶暴化がどんどん進んで病気のがんやウイルス以上の悪化が怖いですね。

 

 

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt