口からでまかせ時代遅れ「社会構造の大変な変化」

 In 頑固親父ブログ

総裁選で脅しが話題になってる。

「昔はこんなもんじゃなかった」安倍が言うそれもテレビで恫喝を肯定。その後の番組で「そんなこと言ったものはいない。名前を言ってみろ」財務省のセクハラ麻生の発言と同じ。

これ事態話を言い直してるわけで、あきれた政治家なんだね。

この恫喝の問題は今セクハラやパワハラが話題になる能登同じことであって、昔はそんなに激しく出てこなかった。

それは小泉いのころから強いものは強いものに共存があって弱いものは小さくなって静かにしてろという政治が日本を変えたことからいまにいたってる。

それは昔はセクハラだってパワハラだってあったわけでそれが出てこなかったのは、今のように強いものが弱いものを見方にして助けないからだ。

昔は当然の如く正しいこと正義で正しいと考え、強いものは弱いものを味方するという精神であって、弱いものを常に助けていたもんだ。

今は弱いものをいたぶりだしたら徹底してやってとどまることを知らないバランスが全く無い時代。

だから弱いものは必死にセクハラでもパワハラで主張せざるを得ない。こういった弱いものいじめを平気でやるような政治であるから学校でもあるいは会社の中でも弱いものいじめを行うのは当たり前。

こういった社会構造に作り上げてしまうと始末に終えない。弱いものやストレスのかたまりのしょぶんのしようがなくなり、凶暴な事件に発展してグロの急増が出来上がっていく。

だから昔の角福戦争のころはもっと激しかったなんていってるようじゃ時代遅れもいいとこそれと時代を掴んでもいない勉強不足の現れでしょうね。全てが時代遅れと見えるが。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt