陰陽相対原理

 In 頑固親父ブログ

事件が多くなって毎日のように殺傷事件がある特に骨肉が多い

一番目にしたり触れ合っているのが家族なんですが「いがみあい」が多い。

世の中って面白いもんですね。一番仲がよくて平和のはずの家族が仲たがいが多いということ。

宇宙には人生の創造や変化造化限りない営みを行って人間は成長し年をとる。これが化であり増加なんですが、この営みを突き詰めていけば「陰」が根本であって「陽」が枝葉花実でしょうね。

「陽」は外へ外へと発展していく、進歩していく創造ですが「陰」は陽のように創造だけでは成り立たない。そこで木でいえば成長していくのには幹から枝をわかれ使用にと栄養分を運んで成長する。そうすると抹消に至れば生命が薄れてくるわけでここに統一というか原点に返るために枝をむすび、根幹に向かって変える作用が出てくる「陰」。

政治や国家でも家庭が治まらないようなものは治めることは出来ないといわれ

家というものが非常に重大であります。

安岡先生の書には

「家庭では陰が51%で陽が49%がよい」と書いてある。

人間のう生理でもアルカリが51%三世が49%酸性が多くなると病気になる。

家庭の男女でも女51%で男49%がよいといわれる。

国家でいえば外に出ている大臣などの政治家は49%で事務方が49%がよいわけですが、内閣人事が行われてる居間の時代は逆転して酸性が強すぎますね。だから思い病気になっています。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt