凄い!「天の心を自分の心にした方が」二歳の子を探し当てる

 In 頑固親父ブログ

凄い!!すばらしい!!

大分から来て二歳の迷子を探し当てた方!感涙いです。

テレビ朝日のリポーターが大分から来たボランティアで迷子を捜しに来た方を取材していたニュースが流れた。

その方は以前にも三歳の女の子を探し当てた方で、「必ず会えると思ってきた」といった。

レポーターは「なぜ長崎から来たんですか?」そん方は「かわいそうだからさがしにきた」といって涙ぐんだ。

探してる人たちは二日間もこの暑い中盆にもかかわらずさがしている。

しかしこの方はそんな中、絶対に探すんだという執念だったんですか

その取材後20分で見つけてしまった。そして抱いて山から下りてきた場面でまた涙が出てきた。

こんな立派な方がニッポンにもおられるんだと思い余計泣けた。うれしかった。

政治や大企業なんかは割りことをしてもつかまらないいい事はしない。自分のことしかしない自分を守るためだったら何でもやるって時代にこのように七十を過ぎたおじいちゃんが

大分からかわいそうだからとなきながら探している姿を見てなんていやらしい連中かと情け無い。

今日は靖国の参拝がなかったとかこの国のために死んでいった人たちをお参りもしない国の連中。戦争は本当に何をニッポンに残したのかということを真剣に考えもせず自分の利益しか考えていない政府。

ちょっとアメリカからにらまれたらもう戦後の跡形付けには触れず保身のみで飛び回って三選を果たそうとなさけないったらありゃしねぇ。ニッポンの総理。

しかし今日の大分の方「わざわざきたんですか?」って馬鹿なレポーターの質問に「わざわざじゃねぇよ、日本の中なんだから、言葉だって通じるだろ」って。そこになんとしても探し出すんだっていう気持ちが見えますね。

本当に心が晴れた日でした。終戦の日にやっぱり戦争を経験した人間は言葉や理屈だけじゃない「行口一致」そして「天の心を自分の心にしていますね」うれしい。本当にうれしい。感謝です。ありがとうございました。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt