「活学」を学ばずして仕事の成果なし

 In 頑固親父ブログ

組織の乱れはいよいよ底に近づいてきた幹事だ。

自民党のここへ着ての発言毎日のようにウエブをにぎわせてる。そしてテレ朝では社長が安倍と急接近でやらなくなってきたが各チャンネルで報道されている。

北方の千島列島の話にしても何で勉強してからしゃべらんの。しゃこたんとかいったり車の話じゃないぞ。

少し前の大臣も四島を読めないものがいたが。

杉田が話題になっているが、また今日も「同性愛は趣味だ」とか言ってるものがいる。なんだ?あんたのAVのしゅみをきいてるんじゃねぇぞ。

緩んでいるといってるが、緩んでるでしょうがもともとそれなりの勉強をしてないものを大臣にしてやっていこうとする政府のなめた姿勢が出てるんでしょうし

もっといえば民間では働く力が無いから政治家になって親の七光りでやっていこうと思ってるんじゃねぇの。たしかに民間では勤まらんね。

だからしごとができねぇ。

復興予算はとんでもないくらい余ってしまって仕事を全くしていないのが現状ですね。

東京から高い目線と緩んだ心で被災地を見ていて何ができるか?地元に復興長を置いて必死にやることが大事であって民間の企業であれば当然このスタイルである。

もう安倍三選といってみんななだれおちて言ってる自民党。「小沢は選挙だけ」って言ってた自民党。公明党なんかも一緒だが兎に角選挙だけしか考えていない。

水害の飲み会にしてもそう。その後批判を感じて取り繕っているが昼飯を静岡の議員と戸か昼飯ならいいんだろうってな調子で何してるんだか。

ボクシングその前はフットボール、そしてレスリング、協会の不祥事に対してまた学校の不祥事が賭けだけではなく出るは出るは。

ここまで事件が起きても姑息に記者会見もせず。政府は何一つせず。人事人任せの「放」だもんね。仕事ができんから。

もう一個政府を作ったらどうかね、好きなほうに税金を払うとすれば少しは仕事をするようになるかな。でも学問が無いものではやりようが無いがね。

学校でやってるような暗記の薄っぺら委教育では仕事はできんね。ましてや部下の見る目や人事や営業や施策企画立案推進など心の磨かれた「活学」が

無いんで何もできないニッポンになってしまった。いよいよ姑息が進むと反省も「敬」も意思も無い機械化された組織体の死に体となるんでしょうね。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt