内部留保とたんす預金

 In 頑固親父ブログ

「今は400兆円くらいになっているのが、企業が設備投資にかけたのは8兆円だ。内部留保を使って何をするか真剣に考えなけばならない」

今月の初めに金融大臣が福岡で発言したものだが、金融大臣がこの程度の話をしてるのがニッポンの姿だ。

この莫大な内部留保がなぜ起きてるのか分かって無いでしょうね。自分がどう利益を出すか利益とは金、名誉、そして権力。

大事なものが相当足りない人間達が考えるのはこういった話だけで薄っぺらいもの何でしょうが。

ここに来て特にたんす預金が多く老人達は抱え込んでいるんでしょうね。

多くの福沢諭吉が印刷され件名の物価の高騰を図ってるがこの程度の政府の頭では中々好転しないでしょうね。

政府がいかにも雇用がいいみたいにいってるが、団塊の世代がやめたことが雇用を生んでいるわけであって何も政府がしてるわけではない。

団塊の世代が一千万取ってる社員が辞めれば新規をいくら採用できるか?それが今の世の中であるわけです。

幸せな国51番目の日本は若いうちに一生懸命働いて年金を納めていざもらうとなったらカネが無いと言い出しやがる政府。信用置けない。

この間の法案でも身障者の補助を打ち切ったものができたり、安保法制でこの国はどうなる皮から無いアメリカ依存で前が見えない信用できない政府。

災害が起きたら火事のばくち法案を一生懸命やってる信用置けない政府。盛りかけ始め権力側にいるものは無罪放免ちょっと逆らうものは留置場へという

ん全く信用が置けない政府。

国民は金を溜めておかなければ危なくて生きていけない。会社の内部留保やたんす預金が増えるのは当たり前で社会現象の一つであるんじゃ。

世の中を複雑に考えようとして儲け流人言がいるがそんなに複雑じゃない。善は善で、悪は悪、善因が善果となり悪因悪果となるのは必然であり自然であるわけで

悪を善にいってみたりするからややっこしい。真実は一つ正しいことは正しく。過や悪は改ためなければならない。

国民がこういった方向に行けば勝海舟や明治のそうそうたる志士の言ってる「国土は守れる」背ありますね。

今の日本はいかに反対にいってるのが分かっていない政財界のまた教育医療のトップの責任ははなはだ重いが、漢図か無い無能さに驚きますね。

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt