姑息な加計の会見(これが衰退期の現象)

 In 頑固親父ブログ

ワールドカップに日本がいよいよ登場大騒ぎになってる

昨日は大阪の震災で大阪の各路線は全く運転できず大変なことになっている。

事もあろうにこの日、賭けが緊急記者会見を行った当然この日を狙った

そして東京の記者は間に合わない。

これが今の日本の政治や教育にかかわるものがやる態度なのだ。

正義とか徳義とか全くなく悪であり姑息であり最低な人間の態度である。

国会においても二年近くが空転して日本の根幹にかかわるような法律は全くなく

労働者いじめやよりによって今はカジノを維新と一緒にやっている。だめな国だ。

事もあろうに教育界のリーダーがこれだから、いじめであったり自殺であったり正当な教育が

できるわけが無い。

大阪で使者まで出た自信に対して政府や教育者がどういう態度で国民に接するかそれが一番問われてる日に

安倍を姑息によいしょする会見を行う前に大阪の震災に対してやることがあるだろう。

堂々と国会に出てきたらどうだ。

あきえにしても加計にしても付き合いは深くあってそれを利用して事を進めていたのは確かであって

愛媛県に嘘を言ったとか国有地をうまくいくといいねといったかどうかとかどうでいいんだ。

腹心の友が何してるかなんて知らないわけがなくそれを利用して加計が動いていたのは確かだ。

野党が批判的だとかいつまで追及してるんだとか産業経済新聞社は元工業新聞だけあって

政府にくっついていりゃいいんだってなもんで、野党の批判してるが

日本が今推薦されて国家を運営してるのは自民党と公明党でありこんなに国会が空転してることに対して

確固たる断固とした態度で国難の時代の案件を進めなければならない。

それができんちゅうのは与党の連中すら疑いを持っているんであって国民に背いていることを忘れるな

歴史というものは時代が過ぎていけば必ずあぶりだされていくものであってそのときの人間がいかに無能であったかは

一時代前と違って正確にねっとんびも乗ることでしょうね。

 

Recent Posts
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt